絶頂

童貞卒業!素人童貞も卒業したい
私は今まで、セックスでの絶頂を感じたことがありませんでした。多くの男性と身体の関係を持ちましたが
気持ちのないセックスだったせいか、本当の気持ち良さが分からなかったのだと思います。セックスなんて
男性が果てるのを待って、ただ耐えるだけの単調な全員運動としか思っていませんでした。
しかし一人の男性とのセックスによって、絶頂を思い知ることになりました。相手の男性は、会社の上司です。
同じ所属の社員が退職をすることになり、その送別会の夜のこと。私と上司は以前から仕事上の関係性も良好で、
周囲からも「信頼関係の出来た上司と部下でいいね」と言われるほどでした。
送別会が終わってから、退職する社員が随分酔っていたので上司と私が介抱することになったのです。
社員の肩を私と上司が支え、宿泊予定のビジネスホテルへ連れて行きました。上司は同じホテルに宿泊する
予定で、私は終電がまだあったので予定通り帰宅するつもりでした。泥酔状態の社員を簡単に着替えさせ、
ベッドに寝かせて少し様子を見ていた時です。お酒の入った上司にいきなりキスされました。そして上司は
「517」と言って私を部屋に誘ったのです。私も少しお酒が入っていましたが、冷静になって断ろうと
すると、「コイツはもう大丈夫。俺の部屋へ来い。」といって私の手を引き廊下へ連れ出してまたキス。
上司は元高校球児だったこともあり立派な体格で力強く、手を振りほどくことはできませんでした。
そのまま部屋へ行ってしまい、もちろん断ることもできずセックスすることに。しかしそれは、私が今まで
体験してきたセックスと同じものとは思えないほどの快感でした。これまで一度もセックスで絶頂を感じた事が
なかった私が、一体何度果てたことか。後で上司に聞きましたが、終盤には意識が半分飛んでいたほど。
経験豊富な上司によって私の身体は開拓されてしまい、その後上司とのセックスなしではいられないほど
ハマってしまったのです。あの絶頂は言葉ではとても言い表せられません。

スマとも

About: something


error: Content is protected !!